投票日まであと1日。
私には、やりたいことがある。
若い世代が、政治に文句を言うことすら諦めている、今の政治を変えていきたい。

#若者の政治離れ って言われているけど、そんなことはない。むしろ #政治の若者離れ が起きている。

私が見てきた18歳の若者は、未来に不安を抱きながらも、「選挙に行きたい」「政治に関わりたい」と言ってくれた。

#18歳選挙権 の解禁を成し遂げ、若者が動き始めた。
でも、若い人たちが変わろうとしてくれているのに、政治が変わらない。

そんな状況に私はモヤモヤし、政治家への道を決意しました。

じゃあ私は、どんな政治を実現していきたいのか。どんな問題を、政治でどう変えていきたいのか。

その問題の中心は、東京には無い。地域にこそあるんだ。
東京の価値観で政治が語られ、進んでいくことに、私は違和感がある。

地方で、私の生まれた #岡山で、起こっている現実こそが日本の問題なんだ。

巷では好景気だと言われているけど、岡山で真面目に働いている人がどんどん苦しくなっている状況を、私は好景気と呼びたくない。

給料が低くて、将来が不安で、 #結婚 や#子育て をしたくてもできない。そんな社会を、私は目指したくない。

#農業 に、#年金 に、理想のくらしからは遠く離れてしまっているような状況が、今この岡山にある。
このままじゃ、おえんじゃろ。

でも日本は、地域から良くなる。この岡山から良くする。日本が元気になる解決策は、ここにある。

地域に住む人たちの声が、まちをつくっていく。
国に、「こういう街にしなさい」と言われるわけじゃない。
前例を押し付けられるわけでもない。
地域の #皆さんの声 から始まる、政治を、私はやりたい。

思えば小学校の頃から、私は理不尽なルールを見逃せない人間だった。だから、学校や寮の規則を、仲間と一緒に交渉して、変えてきた。

きっとあの頃から私は変わっていなくて、今でも同じことをやっている。

誰かから押し付けられたわけでもなく、自分たちの思いと覚悟で、自分たちのくらしを良くしていく。それが私のやりたい政治であり、これからの日本の姿だと信じています。

だから、東京からじゃないんです。この、岡山からなんです。岡山の人の声で、思いで、地域を、日本を変えていく。それこそが私の目指す政治なんです。

投票日まであと1日。
あなたの力で、あと一歩のところまで来ています。

今の政治への文句を私にぶつけてほしい。
あなたの理想を、私にぶつけてほしい。
そして私と一緒に、岡山を、日本を、作りましょう!

いいね!で
原田ケンスケを応援しよう

Twitter で