こんにちは、原田ケンスケ@岡山です。
昼ごはんは、レンジで簡単さっぱり豚しゃぶ。絶品でした。

「大都会おかやまMAGAZINE」の第2弾記事・動画でました!
先日の岡山県高校生議会に続き、今回は、「岡山市パートナーシップ宣誓制度」について。

今年の7月から、岡山位でスタートする制度。岡山市のHPには以下のように書かれています。

3 制度の概要
 お互いを人生のパートナーとし、日常の生活において相互に協力しあうことを約束した一方または双方が性的マイノリティである二人が、パートナーシップ関係にあることを市に宣誓し、宣誓書を提出した場合、市が対象者の要件を満たしていることを確認のうえ、パートナーシップ宣誓書受領証等を交付します。
 この制度に法的な効力はありませんが、性的マイノリティの方の生きづらさや不安の軽減、性的マイノリティの方への差別や偏見の解消、社会的な理解の促進につながり、多様性が尊重された社会の実現を目指すものです。

岡山市HPより

現在の法律上では、男性と女性の結婚だけが「結婚」とされています。
男性と男性、女性と女性の結婚など、「同性婚」は法律上認められていません。 国が法律を変えないと認められないので、岡山市でできることをスタートします。
岡山県内での同様の制度の導入は総社市に続き、2市目。

現行の制度では、同性同士のパートナー制度を作っていき、生活での困りごとを減らしていくことは大事なことですし、この制度によって困る人はいないと思います。
しかし、こういった社会の変化には、頭で理解できても、何だか賛同しづらい人もいます。 その気持ちもわからなくはないですが、そういった人の気持ちも、制度が変わることで変わっていくといいな〜と個人的には思います。


記事はこちらから→
ハラケン先生!授業2時間目「岡山市パートナーシップ宣誓制度」

記事はこちらから!!

いいね!で
原田ケンスケを応援しよう

Twitter で