【移動の足を整えるということ】 「わし等みたいな年寄りでも”きょうよう”と”教育”が大事 今日、用事がある、という”きょうよう 今日、行くところがある、という”きょういく” のことだけどね。」 そんな話を数年前に聞いたことがあり、なるほどと思った。 1人で住んでいる、高齢の方も増えている。 買い物などの日常生活はもちろん、人のつながりなどの生活を充実したものにするためにも、「移動できること」は大事。 その意味で、地域の交通網の今後の形の模索は政治としてもすごく大事。 今日岡山市のバスの計画のニュースを見つけた。 岡山市がバス路線の再編案を提示 「公共交通網計画」法定協議会:山陽新聞デジタル|さんデジ 県内でも、地方に行けばより深刻な状況。 コミュニティバスの運用も進んでいる。 でも、路線や予算や本数などの課題も多い。 地域の人のつながりでの支え合いの支援。 自動運転などの技術の進歩など、を きちんと活かしながら整えていかねばならない。
ぜひ、各種SNSへの登録もお願いします
#新しい時代に新しい政治を #あなたの声 #原田ケンスケ 参考 岡山の宇野バス、自動運転が好評 低速、緊急時のみ運転手が操作 今後は法定速度対応へ - SankeiBiz(サンケイビズ)