こんにちは。原田ケンスケ@岡山です。
今日は、どん兵衛の鬼かき揚げうどんをいただきました。絶品でした。

緊急事態宣言が出ていない岡山県内でも、休業を選択するお店がちらほら出てきました。私が好きなラーメン屋にも、4月いっぱい休業との張り紙。
また、時短での営業へと踏み切る方も多くいます。

県内各地直接声を聞いただけでも、多くの人が困っている。
サービス業・観光業・イベント業は言わずもがな。
印刷業(イベントなどがないから印刷の注文激減)
ガソリンスタンド(みんな自粛だから移動しないので)
などなど、収入が激減している方は枚挙にいとまがない。

そんな中、改めて政府の、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」を見ていてびっくり。
なんと、約1.7兆円の予算が、”感染症の拡大が収束”した後に使われるものだとのこと。

https://www5.cao.go.jp/keizai1/keizaitaisaku/2020/20200407_taisaku.pdf

私の思いとしては、コロナ収束後なんて考えている場合か!という感じ。。
この1.7兆円を有効に使っていただきたい。
すでに、雇用の維持と事業の継続に、10兆の予算を充てているので、何も政府がしていないわけではもちろんありません。
しかしながら、休業要請に対して、補償がない。
緊急事態宣言以外の件でも、警察が夜の街を巡回し自粛を呼びかけている。
この状況の中では、少なくともゴールデンウィーク開けまでは様々な自粛・休業は継続するでしょう。
政府が支援をしなければ、バッタバッタと事業継続が不可能な方が増えてきます。
コロナ収束後の、捕らぬ狸の皮算用をしている場合じゃない。
少なくとも休業要請と補償はセットだし、地域問わず全国で多くの人が苦しい状況になっています。
今を乗り切るために少しでも予算を回すべきではないかと思います。

引き続きがんばります。

ラジオ番組スタートしました!公式HPはこちらから



いいね!で
原田ケンスケを応援しよう

Twitter で