こんにちは。原田ケンスケ@岡山です。

今日の昼はうどんの名店へ。久しぶりに外食したっていう感じです。絶品でした。(讃岐の男うどん能勢)

ついに、ここ岡山を始め、39県で緊急事態宣言が解除されます。
この後、どのように経済や学校などを再開しつつ、でも感染の再拡大を抑えるかのさじ加減が論点になってくるところです。

この記事は、会見の内容ではなく、会見の伝え方についての違和感。
私自身も会見の冒頭の30分ぐらいをリアルタイムで見ていました。
テレビのチャンネルを変えながら、ネット中継も見るというスタイル。

その中で、気になったのは、画面の中の安倍首相の映像の割合の少なさ。
会見の中継というと、私の基本のイメージはこうです。

演説の様子がどーんと出る。ワイプで手話通訳の様子が写り、テロップで会見内容の肝が表示される。

しかし、全く違う形で中継をしている局があってびっくりしました。
以下の、図のような配置での中継でした。

雑な図で申し訳ありません・・・

みなさんこの中継どう思われますか?
私は、すごく違和感がありました。

やっぱりね、会見は話している方の表情や身振りを中心に見たいと思っています。話の内容だけでなくて、動いている様子から伝わるものも合わせて、会見を受け止めたいと思います。

「プロンプター(話す内容が映る透明な板)を見すぎ」
「棒読みで思いが伝わらない」
とか、これまでの会見での批判も聞きます。

私も、「もう少し情熱を込めて話せないもんかな!?」と、
思っている派です。

が、それでもやっぱり安倍首相の会見の生中継を見たいことに変わりはありません。
批判するにしても、評価するにしても。

まあ、いくつもチャンネルがあるので、自分がみたい中継のものに合わせればいいだけなんですが。
ちょっとした雑談でした。

また、学生支援策についての方針が出ましたが、ちょっと気になっているので、明日にはしっかりとブログに意見をまとめたいと思います。

引き続きがんばります。

久しぶりにオンラインイベントを開催します。
テーマは、運動・健康・育ちあたりでしょうか。
子供の育ちからプロ選手のサポートまで幅広く活躍されているお二人をゲストに考えてみます。

毎週土曜日21時から私がメインパーソナリティーの 
#それなラジオ  
FM79.0 レディオモモ、またはインターネットで全国どこからでもお聞きいただけます。

いいね!で
原田ケンスケを応援しよう

Twitter で