映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」 見てきました。
岡山の向かい、香川1区の衆議院議員の小川淳也さんの、17年前の選挙初挑戦から今を追ったドキュメンタリー映画。

実は昨年の参議院選挙の際には、お願いをして応援演説に来ていただいた方。

小川さんと直接の面識はなかったんだけど、東京にいるチーム小川の皆さんを存じていて、その方々や小川さんの著書などから尊敬する政治家の1人でした。
そして、たまたま今回の映画のデザイン面の担当の方も、以前仕事でお世話になったデザイナーさんだったりとご縁もあり。

愚直に日本の未来を見据えて進み、話すこと。
そして、同時に政治の世界の中で成果を出すことができないことへの葛藤や悩み。
政治家の世界のスタートラインにも立っていない、僕ですが色々と考えさせられ、学びながら見てきました。

「政治家になりたいんじゃなくて、ならなければならないんだ」
「51対49で勝った51は、49のことを徹底的に考えて政治をしなければならない」
など印象に残る言葉多数。

見たあとに、同世代の仲間と飯に行って、ノンアルコールで4時間近く真面目にかたりあってしまった!
気合も入り直して、7月の明日からもがんばります。

岡山での上映は、7月2日まで。
ぜひ シネマ・クレール丸の内 に足をお運びください。
P.S シネマクレールでは映画館存続のためのクラウドファンディングも実施しています。
ミニシアターを街に残そう!~シネマ・クレール存続プロジェクト~

いいね!で
原田ケンスケを応援しよう

Twitter で