こんにちは。原田ケンスケ@岡山です。
9月に入りましたが、今日も岡山は35度超え。
これは、残暑じゃなくて、引き続き真夏。いや、酷暑ですね。

そして、また今年の夏はwithコロナの夏。
学生の皆さんは、夏休みが少なく(岡山の県立高校はわずか9日間!!)
旅行や帰省などもままならない。
精神的にも体力的にも疲れが出ている方がいるようです。
皆さん体調を崩されないように!!

今日、お世話になっている方つながりで、「日本看取り士会」会長の柴田久美子さんをご紹介いただきました。
自宅で最期を迎えることができるよう、看取り士育成などを進め、看取りの啓発に取り組まれています。

2025年、団塊の世代の方々が75歳以上となり、この国は4人に1人が75歳以上という超高齢社会になります。厚生労働省の試算では、その5年後の2030年には、病院でも施設でも自宅でも死ねない「看取り難民」が47万に達する見込みです。

日本看取り士会HPより

私は、東京時代に住んでいた中野区で社会福祉協議会の評議員を数年させていただいていました。その際にも、独居老人の方の支援の話は大きなテーマでした。

独居老人を地域でどのように支えていくのか?
地域に開かれた介護を進めていくにはどうするのか?
施設や病院ではなく家で最期を迎えることの意味は!?
などなど大事なテーマで考えることたくさん。

また、「みとりし」という実話に基づいた映画も制作されたとのこと。
見て勉強したいし、意義を考えたい。
自主上映会でもやろうかなと思います。
「開催、協力するよ」という方連絡ください!
映画公式HP

立憲民主党・国民民主党が双方解党し、新しい政党ができる。
安倍総理が辞任され、新たな総理大臣が生まれる。
今月、国政は激動の月となりそうです。

政治の激動の結果、一人一人の皆さんの生活がどのように変わっていくのか。
いろんな事を考えさせられます。
何者でもない身でのワタシ。
ワクワクしながら、地道にそして大事な活動を続けていきます。
たくさんの仲間と、家族に支えられながら。

原田謙介
昭和61(1986)年5月10日生まれ。岡山市在住
津山市生まれ。倉敷市育ち。 愛媛県私立愛光中学・高校卒業。(6年間寮生活) 東京大学法学部卒業。
大学時代に、江田五月参議院議員のもとで、政治を学ぶ。
大学卒業後は就職の道を選ばず、「若者と政治をつなぐ」を目的としたNPO法人ユースクリエイトを立ち上げ、全国で活動を行う。
インターネット選挙運動解禁、18歳選挙権の実現など、法改正にも携わる。
岡山大学非常勤講師を3年間務め、学生と民主主義を考える。
7年間過ごした東京都中野区では、月3回のゴミ拾い活動や、社会福祉協議会の評議員として地域での様々な活動を行う。
2019年参議院選挙に、地元、岡山より出馬するも惜敗。捲土重来を期す。
趣味は映画鑑賞・スポーツ(特にサッカー)・海外1人旅(過去約40カ国訪問)

いいね!で
原田ケンスケを応援しよう

Twitter で