こんにちは。原田ケンスケ@岡山です。
9月に入り岡山もだいぶ暑さも和らいできました。

 日本で、2つの大きな選挙が話題となっています。それは、自由民主党総裁選挙と、野党の新党代表選挙。そして、大きな選挙なのに、一般市民は投票することができなません。だけど、日々候補者の情報がマスメディアやインターネットで飛び交っています。
 政策はもちろん、人柄・家族関係・生い立ちなど実に多様な報道が行われています。候補者自身の発信も多い。特設HPを作り、動画を作り、あまりSNSを活用してなかった政治家もどんどん更新をしています。
 なによりも、候補者間の討論の機会が多いんです!!共同記者会見・ニュース番組への生出演・党主催の討論会・ネット討論会・若者との対話など実に多様です。
 この状況を見て、感じるのは、「これぐらいの情報量が実際の選挙でもあれば」ということ。

 明るい選挙推進協会の、前回衆議院議員選挙の調査の中に「世代別の棄権理由」というものがあります。

 選択肢の一つとして「 政党の政策や候補者の人物像など、違いがよくわからなかったから」があり、10代から60代のでは約20%主の方が、この選択肢を選んでいます。対して、70代以上は5.8%。
 また、他の選択肢には、 「自分のように政治のことがわからない者は 投票しない方がいいと思ったから 」というものがあり、18歳~20歳代の20%がこの回答を選んでいます。

情報がないから選べないから投票できない。これが日本の選挙の現状なんです。
 国政選挙の際、たしかに各政党の比較・党首討論などはメディアなどでも、それなりの時間を割いて報じられます。候補者自身の情報発信も2013年のインターネット選挙運動解禁からしばらくたち、HP・SNS・動画などはかなり浸透してきました。
 しかし、それでも少ないのが、各選挙区での候補者間での討論の機会です。
選挙前に各地の経済団体や市民有志などの手で、「公開討論会」なるものが企画され、私も長年関わらせていただいてきました。しかし、選挙区によっては主催者側の不在や、立候補予定者の不参加などで開催されない地域も多いです。
 私が、昨年の参議院選挙に立候補した際にも、現職の方の不参加により、討論会は一度も実施されませんでした。
 また、公開討論会を主催しても見る人の数がかなり限られている現状があります。会場にわざわざ足を運ぶ人や動画を見返す人は、関係者か選挙への強い関心を持っている人に限られているといえます。
 最低限、各選挙区での候補者間での公開討論会を絶対に行うこと。そして、マスメディアも協力し、働いている現役世代でも見やすい夜の時間に放送をすることもセットで行ってはどうでしょうか? 

 また、討論会を行う場に工夫の余地がある。高校や大学の授業の中、駅前など屋外で多くの通行人がいる場所など、多くの人に見てもらうための試行錯誤を続けるしかないです。
 候補者や陣営の発信ももちろん大事です。でも、やっぱりかなり作られた内容の発信になります。用意された内容・写真・映像の鎧を着た発信ではやはり候補者の実際の姿が隠れてしまうことも否めません。
 アメリカ大統領選挙のテレビ討論会とまでの丁々発止のやり取りにはならないかもしれません。それでも、候補者同士が互いの鎧を削り合い、そして同時に自身の本当の姿を見せる討論の機会を増やすことは必要なことです。

 筆者はインターネット投票解禁に、賛成です。時間をかけずに投票できること。場所・時間にとらわれず投票できること。様々な利便性があります。インターネットが生活の中に当たり前にある今の時代で、ネット投票解禁の議論すらしっかりされているとは言えない状況は非常に悔しいです。

 ただ、一方ではネット投票を解禁すればオールOKというものではありません。いくら簡単に投票できるようになっても、「投票しよう」という意思が0であれば投票しない。本稿で述べたように、「情報がなく投票しない」人が多くいる現状を見据え、政治行政・メディア・候補者側でタッグを組んで解決策を講じて行く必要があると感じています。そして、そのためのヒントが今行われている自民党総裁選・野党新党代表選にあるのではないでしょうか。

合流新党は選挙が終わり、代表枝野幸男氏。党名立憲民主党となりました。

毎週土曜日21時から私がメインパーソナリティーの 
#それなラジオ  
FM79.0 レディオモモ、またはインターネットで全国どこからでもお聞きいただけます。

原田謙介
昭和61(1986)年5月10日生まれ。岡山市在住
津山市生まれ。倉敷市育ち。 愛媛県私立愛光中学・高校卒業。(6年間寮生活) 東京大学法学部卒業。
大学時代に、江田五月参議院議員のもとで、政治を学ぶ。
大学卒業後は就職の道を選ばず、「若者と政治をつなぐ」を目的としたNPO法人ユースクリエイトを立ち上げ、全国で活動を行う。
インターネット選挙運動解禁、18歳選挙権の実現など、法改正にも携わる。
岡山大学非常勤講師を3年間務め、学生と民主主義を考える。
7年間過ごした東京都中野区では、月3回のゴミ拾い活動や、社会福祉協議会の評議員として地域での様々な活動を行う。
2019年参議院選挙に、地元、岡山より出馬するも惜敗。捲土重来を期す。
趣味は映画鑑賞・スポーツ(特にサッカー)・海外1人旅(過去約40カ国訪問)

いいね!で
原田ケンスケを応援しよう

Twitter で