神輿をかついだことはありますか。 昔から日本には、祭りや神輿といった伝統文化がたくさんあります。 岡山でいえば、備中神楽。 備中エリアと密接な伝統文化として長く続いてます。 ただ備中エリアはもちろんのこと、県内各地のお祭りや行事でみかけます。 備中神楽にはどんな意味があるのか。 伝統文化や地域社会について考えてみませんか。 祭りや神輿にはどんな意味があるのか。 地域とどう関わっているのか。 全国各地やヨーロッパで神輿をかつぐ宮田宜也さん! 女性や子どもにも備中神楽を身近なものにと取り組む今野友紀さん! このお二人とともに地域コミュニティや文化について語りましょう!
 
 
-------------------------------------------------------------------------------------
《イベント概要》 日 時:平成31年4月28日(日)20:00~21:30     ※終了後、希望者で懇親会予定 場 所:SGSG(岡山市北区奉還町3-1-30)     ※岡山駅徒歩8分 奉還町商店街内 参加費:無料 (※任意で運営カンパ)
【スピーカー】 ○宮田 宣也 一般社団法人明日襷(アシタスキ)http://asitaski.jp/ 代表理事。 神輿や神棚の修理・製作を行う。また,全国各地の祭礼支援やヨーロッパでの神輿渡御などにより神輿や祭の文化の活性化に取り組んでいる。 2019年宮田宣也をテーマにしたドキュメンタリー映画「祭の男MIKOSHI GUY」公開! mikoshiguy.com/
○今野 友紀 NPO法人吉備野工房ちみち 理事長 (かんなぎ~神楽の里プロジェクト~) http://u0u1.net/FWE5 新潟阿賀野市出身。岡山県総社市在住 伝統芸能「備中神楽」の魅力にみせられ、男性社会の神事とされる備中神楽を女性や子どもにも身近なものにするため、活動中!
○原田謙介 1986年生まれ。大学時代より10年間、若者の政治参画を進める活動を行う。元NPO法人YouthCreate代表理事。 「政治の若者離れ」「政治の市民離れ」の解消を目指す 立憲民主党 参議院第一選挙区支部長 https://haradakensuke.jp
-------------------------------------------------------------------------------------
#新しい時代に新しい政治を #ハラケン選挙
色々な活動をしていく中で、気になったことをこちらのブログでは更新していきます。
ぜひ、各種SNSへの登録もお願いします