あなたは街づくりに関わることができるのか!?

市区町村などの、自治体。

誰もがどこかの自治体に住んでいます。

そして、あなたは街の中の主役の一人のはず。

なぜなら、「民主主義」「国民主権」の日本だから。

でも、「私が街を作る」と思っている方は少ないと思う。

だって、自分が街づくりに関わるというイメージがないから。

お役所がやっていることで、自分とは関係ないものだと感じているだろうから。

そんな流れがいま、変わりつつあります。

市民が役所と一緒にまちづくりを進めること。 

市民の動きが自治体の可能性を広げていくこと。

そんな、自治体3.0の可能性について、みなさんと考えてみたいと思い場を作りました。

市民参加の区政づくりを進める、東京都中野区長の酒井直人さん

西粟倉で、市民の力で、村と生活が豊かになる自治体ICOに取り組んできた山田邦明さん

の2人をゲストに、

立憲民主党岡山県参院選挙区支部長の原田ケンスケが色々な話をひきだしていきます。

————————————————————————————-

《イベント概要》

日 時:6月1日(土)19:00~20:30

場 所:
もくもくガレージ
(岡山県岡山市北区京町11-20)

岡山電気軌道清輝橋線 東中央町駅より徒歩3分

参加費:無料 (ドリンク1杯の注文をお願いします。)

【スピーカー】

○酒井直人氏 東京都中野区長

1971年10月14日生まれ。岐阜県出身。早稲田大学法学部、同大学院法学研究科修了後、中野区役所入区。 議会事務局、財務会計システム担当、広報担当(副参事)、地域包括ケア推進担当(副参事)を歴任。電子決裁率日本一(当時)となる区役所の電子化、中野区歌「未来カレンダー Forever Nakano」の作成、「中野区地域包括ケアシステム推進プラン」の策定などの実績の他、自治体の改善運動を全国で支援するネットワーク「K-NET」立ち上げ、中野のまち情報を交換するfacebookページ「中野ファン」立ち上げなどを行う。2018年区役所を退職し、区長選に立候補。現職を破り当選を果たす。
https://sakainaoto.hatenablog.com/

○山田邦明氏 conote inc. 代表取締役 CMO

岡山県津山市生まれ。

弁護士資格を取得後、株式会社アカツキにて上場に貢献。

地域商社で起業家支援、自治体ICOなどを手がけた後、事業開発に専念するため、弁護士資格を返納し、地元津山でconote inc.を創業。

“本質的価値を、社会的価値へ”変えていくため、地域起業家のコミュニティ形成Homingや、ローカル×インフルエンサーのmomocoなどを手がける。

現在は、「マンガ事業」に注力中。

https://note.mu/nek0426

○原田謙介 立憲民主党 参議院第一選挙区支部長

1986年生まれ。大学時代より10年間、若者の政治参画を進める活動を行ってきた。元NPO法人YouthCreate代表理事。

18歳選挙権の実現、市民の声が街づくりや政治に届く仕組みづくりを進めてきた。

「政治の若者離れ」「政治の市民離れ」の解消を目指す

https://haradakensuke.jp

 

いいね!で
原田ケンスケを応援しよう

Twitter で