新しい時代に、新しい政治を

原田ケンスケ
プロフィールをみる政策をみる

「誰もがこれからを語りたくなる社会」を作りたい。

10年間、若者の政治参画を進めるため、活動をしてきました。
将来を作っていく大事な存在である若者が、積極的に政治に関わり社会を作っていくことこそが、社会全体の未来を良いものにしていくと信じています。

しかし、政治に関心をもっても、政治を信頼できず投票に行けないという声を多く聞きました。課題解決に向き合う人がいるのに、政治が彼らの力を活かしていないことへの悔しさがありました。

「誰もがこれからを語りたくなる社会」のために、政治が打開策を生み出していく必要があります。みんなが「政治と社会を作っていこう」と思ってもらえる存在に政治はなければいけません。

そんな政治をつくるために、チャレンジをします。

社会を思うみんなの力とともに、新たな社会を作っていきます。
将来へつなぐ政治を!

原田謙介

 

イベント

6/2(日)超!学校フェス開催!校長として参加します!

6月2日(日)超!学校フェス開催!校長として参加します!


6月1日(土)開催:自治体3.0を考える。市民が役所と一緒にまちづくり!?

【最新】5月・6月ミニ集会情報

原田ケンスケが、あなたの「まち」にお伺いいたします。

みなさまの「想い」を政治に「つなぐ」ため、みなさまお一人お一人の「こえ」をお伺いしております。

お知らせ

5月7日 枝野さんと岡山市で街頭演説会しました。

昨日、6日、枝野幸男立憲民主党代表が岡山入り。駅そばのイオンモールの前で街頭演説会を行いました。GW最終日、多くの聴衆の方が集まって下さりました。私からは、・政治は、人の自由を広げていく存在であるべき・そのためには、政治が人の声をしっかりと聞ききながら進めていかなければならな・貧困格差を広げないための、政策を重視していかなければならない・次の時代を作る、子供・若者政策が重要であるそんな話を伝えさせていただきました。枝野さんからは、「お互いさまで支えあう社会」の実現のために、「高齢化」「人口減少」「貧…

続きを読む

5月3日 憲法記念日に考える憲法12条

原田ケンスケ、ハラケンです。5月3日は倉敷day!! 日焼け止めを塗り忘れたことを後悔・・・【今日のオピニオン】憲法記念日。ちょっと横着をして、過去の自分の記事の紹介をしておきます。憲法12条って大事だよね。あなたは「不断の努力」のやり方知っていますか?(原田謙介) – Y!ニュース 自分たち一人一人が、民主主義社会の主体であり、政治を作り進めていき、時には権力と対峙する存在であるわけだが、このようなことを教わっていない。あるいは実践の機会を得ていない。国民主権をしっかりと、行使できるため…

続きを読む

5月2日:若者の「希望の格差」を広げないための政治へ

原田謙介です。
5月2日も良い天気でした!

【今日のオピニオン】
若者を覆う「希望の格差」への懸念――社会学者が語る平成の若者
という記事を見つけました。Yahoo!独自の改元にあたっての特集の一つ。

以下の内容に、同感と改めて強い危機感を持った。

格差が拡大するのではないでしょうか。そうすると、その下の世代、次の若者は親も貧しく、自分も貧しいという人も出てきます。固定化につながっていく。
努力や実力による、社会の納得のある格差まで悪いとは思いません。一番の問題は、経済状態や生活水準の差だけではなく、努力が報われるかどうかという「希望の格差」になってしまうことだと感じています。現実の世界に希望を持てない人たちは、努力することをやめ、ひきこもるなど将来を諦めてしまいます。若者の希望の格差は社会が活力を失うことにつながります。

6人に1人の子どもが相対的貧困にある。
児童養護施設出身者の大学進学率は、全国平均の5分の1程度。
母子世帯の年間収入は243万円。(父子世帯は420万円・世帯平均573万円)
といった、次の時代の希望を失っていく状況をこれ以上広げていくわけにはいかないんです。

「無償化」というと聞こえがいいんでしょうか?
幼児教育の無償化・高等教育の無償化・医療費の無償化などなど。
順番が違うと思っています。
まずは、希望の格差があり、進路の格差がある状況を改善していくことが政治の仕事。
世の中に耳障りのよい政策をすすめることではなく、常に弱い立場に立つことが必要です。

そして、私は市民の皆さんのまっとうな判断を信じています。
「無償化よりも先に、苦しい状況にいる若者支援をするんだ」としっかりと伝えれば「もちろんそうだ」って皆さんがしっかりと返してくれる。

引き続き頑張っていきます!

 
【今日の活動など】
昨日に続き、津山市を色んな方とともに訪問し、街角で演説。
農家の皆さんは、本格的な農繫期を前に、草刈りを進めているところが多かったです。

大叔父の光井先生のもとにも訪問しました。
私が、おぎゃあと産まれた病院でもあります。

3年前に岡山の青年会議所のイベントでお世話になった、青年会議所のメンバーの方とも遭遇をしたりと充実した津山入りでした。

決起集会は5月11日に行います。
ぜひお越しください!
詳細はこちら→

もちろん、それまでも、新事務所は開いております。

続きを読む

原田ケンスケ事務所正式にオープン!ぜひふらっとお越しください。

【5月1日 原田ケンスケ事務所稼働!】本日、原田ケンスケ事務所が稼働致しました!皆様のお力で新事務所を構えることができました。(私は津山市に行っており、まだ事務所の中に入れておりませんが汗)ふらっと寄って、ゆっくりしてくだされば幸いです!そして皆さんの力をどうぞお貸しください。お待ちしております!#新しい時代に新しい政治を————————【連絡先】原田ケンスケ事務所住所:〒700-0926 岡山市北区西古松西町8-17電話:086-259-2223FAX:086-25…

続きを読む

4/28(日)「なぜ神輿をかつぐのか?」新しい時代直前!伝統文化を考えるトークナイト!参加します!

神輿をかついだことはありますか。昔から日本には、祭りや神輿といった伝統文化がたくさんあります。岡山でいえば、備中神楽。備中エリアと密接な伝統文化として長く続いてます。ただ備中エリアはもちろんのこと、県内各地のお祭りや行事でみかけます。備中神楽にはどんな意味があるのか。伝統文化や地域社会について考えてみませんか。祭りや神輿にはどんな意味があるのか。地域とどう関わっているのか。全国各地やヨーロッパで神輿をかつぐ宮田宜也さん!女性や子どもにも備中神楽を身近なものにと取り組む今野友紀さん!このお二人とともに…

続きを読む

移動の足を整えるということ

【移動の足を整えるということ】「わし等みたいな年寄りでも”きょうよう”と”教育”が大事今日、用事がある、という”きょうよう今日、行くところがある、という”きょういく”のことだけどね。」そんな話を数年前に聞いたことがあり、なるほどと思った。1人で住んでいる、高齢の方も増えている。買い物などの日常生活はもちろん、人のつながりなどの生活を充実したものにするためにも、「移動できること」は大事。その意味で、地域の交通網の今後の形の模索は政治としてもすごく大事。今日岡山市のバスの計画のニュースを見つけた。岡山市…

続きを読む

SNS公式アカウント

新しい政治に、力を。 

お問い合わせ